2022年01月08日

昔、割烹料理屋をしていた義母ひで子の家(築70年超え)のお茶の間からお届けするThe BargainsのYouTube動画、観てくれよな!

新春第一弾!YouTube「いきなりステージ」39曲目

『groovy』

2022年の初動画はこれです!

リクエストも沢山いただきました。

ありがとうございます。

未発表曲ですが、ライブでも盛り上がるこの楽曲

まだ観てない方は是非観てください!

そして、チャンネル登録まだの方は是非よろしくお願いいたします。

高評価とかも・・・・・よろしくお願いっしやーーーーーーーっす!





この動画を見ていただくとお分かりになるかと思いますが

築70年以上の古民家をリフォームしています。

暗ーい砂壁が明るーい京壁になったところです。

天井のクロスと壁のクロスはこれから貼るところで剥き出しのままです。

ボロボロの襖に変わり、新しい引き戸がつきました。

今までは襖に直接穴を開けて猫の出入り口を作っていましたが

今度は立派な猫用ドアを壁に取り付けてもらいました。

リフォームと言っても大々的なリフォームじゃなく

古いところはそのままに

サッシではない木の窓枠だったり

年季の入った廊下は、そのままです。


この家は昔、シュウイチミヤケの母が割烹料理屋を営んでいた家で

そのお座敷を住居にしている為、部屋のほとんどが襖で区切られています。

先日、その当時の古い写真を見つけました。

まだ綺麗だった頃のこの家

三味線を弾いてる母ひで子の写真は、粋な感じがいたしました。

この座敷に、どれだけのお客様がいらしたのか・・・

ここでどれだけの宴が開かれていたのか・・・

愉快な大人の世界を幼いシュウイチミヤケが襖の隙間から覗いて暮らしていた日々

歴史が沢山染み込んだ賑やかな家。



そんなわけで、どちらかと言うと古い家は大好きなんですが・・・

灰色のポロポロ落ちてくる(壁に触れれば汚れる)砂壁には、いつも悩まされてきました。

それが今回、明るーいアイボリーの京壁になりました。

もうポロポロしなーい!喜

左官屋の親方が「こういう家は2回目だね」と言ってましたが

長年やられてきた親方が言うくらい珍しい家の作りのようです。



それと、雨漏りでいつ落ちてもおかしくない天井があったんです。

今にもエイリアンが出てきそうな盛り下がりと隙間とシミ!

それが・・・真っ白で綺麗な天井に変わりました。

もうエイリアンは出てきません!

他の、珍しいと言われる天井は、まだ無事でしたのでそのままにしました。

一部を変えただけで、不思議と「古さ」が目立っていた天井が「珍しさ」に変わって見えました。

全部変えなくてもいいことってあるんですね。

勉強しましたー。



リフォームの話はこれくらいにしときますが

家が明るくなって、ますます頑張れそうです!

工事が終わって落ち着いたら、また動画も収録しますので

これからも是非楽しんでくださいね!




さて、今またオミクロン株が私たちを脅かしていますが

どうか落ち着いて、今まで通り手洗いうがいマスク・・・で乗り切りましょう!

どうかお身体ご自愛ください。

よく眠れますように・・・皆様のご健康をお祈りしています。






















posted by bargains at 16:28| Comment(0) | Y.tajima | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: